‪Artephyllum【古典舞踊(バロックダンス・ルネサンスダンス)】サロン‬

古典舞踏(バロックダンス・ルネサンスダンス)を中心に初心者向けにご紹介するサイトです。自身も初心者な為、分かる範囲のみとなります。なお、動画やステップの解釈は“国や教師によって様々”な事をご了承下さい。また、明らかに違う場合や色々ご存知の方は、別ページに貼りつけてあるリンク先のTwitterにて(DMは不可)エビデンスを添付してご説明して下さると大変助かります。どうぞよろしくお願いいたします。‬ ※現在は少しずつ改造しながらブログを更新しておりますので、お見苦しい箇所がございます。※PC観覧推奨

間違って書かれた楽譜???

ルネサンスダンスやバロックダンスを長くされていらっしゃる方、または古楽演奏をされている方から「現代に書き起こされている楽譜が違っている事がある」とおしゃっていた事を思い出し、もしかして、下記のような事を言うのかな?と推測しました。私の推測は違っている事があるので、間違っていたらすみません💦

 

Le Rigaudon de la Paixという曲で例をあげてみます。

f:id:Artephyllum:20200609141136p:plain

f:id:Artephyllum:20200609141159p:plain

 

こちらの上記2ページの舞踏譜の部分が下記の楽譜に書き換えられていました。

 

f:id:Artephyllum:20200609141251p:plain

 

HP→http://www.folktunefinder.com/tunes/99563

 

最初は、ものを現代のピッチに書き換えた楽譜だと思っていました。

でも、よく見ると、2/2のもの(たぶん)が4/4拍子になっています💧

リゴドンの舞曲の説明→https://ja.wikipedia.org/wiki/リゴドン

を見る限り、リゴドンの拍子としては間違っていないようですが、wikipediaが全て正しく記載されているとは言い切れませんし、元々の楽譜の事を考えたら現代用に書かれた楽譜の拍子が合っているとも言いがたいです。

 

そして、音源を聴いた時にあれ?と思いました。

f:id:Artephyllum:20200609142134p:plain

こちらの説明を見る限り、Le Rigaudon de la Paixの本来の舞踏譜で言えば、具体例2と3のMIXになるのではないかと思います。

そうなりますと、HPにある楽譜は、まず舞踏譜のセーニョを無視した楽譜になります。あと、音源は確かにの楽譜通りに弾いているのですが、の楽譜に対して明らかに1音多いので、アウフタクトの部分の理解がないのかな?と思いました。でも、そのように楽譜に書かれてしまったら、のように弾くしかないものね。

 

まぁ、とにかくモヤッとした楽譜だな・・・と思った次第です。もちろん主観的な意見です。

の楽譜が、の楽譜を現代のピッチで書き換えられたと言われても、”その通りです”とは言いがたいものだと感じました。古楽に詳しいプロの方はどのようにご判断されるのかは分かりませんが。