‪Artephyllum【古典舞踊(バロックダンス・ルネサンスダンス)】サロン‬

古典舞踏(バロックダンス・ルネサンスダンス)を中心に初心者向けにご紹介するサイトです。自身も初心者な為、分かる範囲のみとなります。なお、動画やステップの解釈は“国や教師によって様々”な事をご了承下さい。また、明らかに違う場合や色々ご存知の方は、別ページに貼りつけてあるリンク先のTwitterにて(DMは不可)エビデンスを添付してご説明して下さると大変助かります。どうぞよろしくお願いいたします。‬ ※現在は少しずつ改造しながらブログを更新しておりますので、お見苦しい箇所がございます。※PC観覧推奨

マリー・アントワネットの時代のダンス

あくまでも、マリー・アントワネットの時代はどのようなダンスを踊られていたのか?と調べただけであり、下記の曲を踊られたという確証はございません。

調べ始めたきっかけは、ベルばらの「オスカルとフェルゼンが踊られるダンスはその時代のダンスではない」との記載を見かけた事があり、実際当時はどのようなダンスだったのか気になったからです。

 

そして見つけたのがこちらの動画

動画を観ていてメヌエットステップより目に付いたのが、すり足のステップが多いと感じた事です。メヌエットの曲だと、メヌエットステップか、コントルタント・ド・ムニュエかバランセくらいしか見たことがないので新鮮に感じました。

私自身、そんなにメヌエットの曲を踊ったわけではないので、上記のステップでしか経験がないというのもあります💧

 

そして、作曲者はこちらの方。

曲の感じからして、モーツァルトの曲かと思いましたが、違いました。

わぁ~✨アントワネットの時代の方ですね😄フランスで活躍されていたとなると、アントワネットが嫁いだ先はフランスなので、全く聴いていないとは言い切れませんね。勿論、聴いていたとも言えませんが💦時代が被っているだけでも嬉しいものです。

 

そして音源はこちら 

Grétry: Airs & Ballets

Grétry: Airs & Ballets

  • 発売日: 2008/07/21
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

舞踏譜はこちら

同じタイトルの本の舞踏譜には1786年と記載があったので、その頃に出版されて踊られていたものだと考えられます。

当時のドレスの感じから、動画のようなダンスが踊られていたと雰囲気だけでも感じて頂ければ幸いです。