‪Artephyllum【古典舞踊(バロックダンス・ルネサンスダンス)】サロン‬

古典舞踏(バロックダンス・ルネサンスダンス)を中心に初心者向けにご紹介するサイトです。自身も初心者な為、分かる範囲のみとなります。なお、動画やステップの解釈は“国や教師によって様々”な事をご了承下さい。また、明らかに違う場合や色々ご存知の方は、別ページに貼りつけてあるリンク先のTwitterにて(DMは不可)エビデンスを添付してご説明して下さると大変助かります。どうぞよろしくお願いいたします。‬ ※現在は少しずつ改造しながらブログを更新しておりますので、お見苦しい箇所がございます。※PC観覧推奨

自問自答する事の大切さ

プロのバレリーナのネレアさんが身長が低い事で自身の経験などを踏まえて色々とアドバイスされています。


バレエに限らず、容姿端麗や身長を必要とする職業全てに当てはまるものだと思います。スポーツで言えば、バスケットなども同じ事を監督に言われると思います。

色々言われた中で、ネレアさんはプロとしてご活躍されていらっしゃいますが、成功されている方はごく少数であり、自問自答して相当な努力をされてつかんだものだと推測は出来ます。ただ、血の滲む努力の内容やその気持ちは体験された方にしか分かりません。それでも諦めずに前を向いて進まれた事は本当に尊敬します。

あとは、悔しい思いをたくさんされた事かと思います。努力が報われなかったり、理不尽な事を言われたり…職場で私は経験をした事があるので悔しいその気持ちは分かります。でも、ネレアさんと比べるとまだたいした事ではないので、本当に彼女のメッセージにはとても勇気づけられます。

ネレアさんの身長が低い事に対して「バレエに悪影響」と言ったロシアの方は、「ご自分の意見こそがロシアバレエ界の悪影響となる事を自覚された方が良い」とその場にいたらお伝えしてあげたい気分です。ネレアさんの言うように意見を言うのは自由です。ですが、侮辱意見は全然違う事を理解しなければいけません。

私は身長が全てとは思いません。確かに見た目は大事な事もありますが、小柄な方だと片手リフトを見る事が出来るのでそのパフォーマンスは楽しみの一つです。どんなに細い方でも、170cmのバレリーナの片手リフトを見たことは今のところありません。ようは自分の良いところを生かすかどうかが運命の分かれ道だと感じました。

 

あと、日本人でネレアさんよりもっと小柄な方が海外でご活躍されていらっしゃいます。しかも、現在はプリンシパルです。


10年以上前に『学校へ行こう』という番組でバレエを目指している女の子として出演されていた望月理沙さん。小柄ではあっても、ご自分の長所を存分に生かし、抜群の安定した回転技は見物だと思います。凄く有名なバレエ団ではなくても、バレエのプロになるか否かそれはその人次第なのですよね。それでも、プロになるのは難しいので自問自答する必要がある事をネレアさんは語っています。自問自答する事に至っては、どのような職業でも該当する事なので、考えさせられます。